ギャンブルの社会的影響

ギャンブルは、すでに世界で最も大きな産業の1つです。オンライン賭博の出現で、毎日世界中で何百万人もがギャンブルするようになりました。しかし、それが家族や友人、そして社会全体に影響を及ぼしています。ギャンブルの経済効果を前向きに捉える人もいれば、破壊的影響を社会に及ぼすものと捉える人もいます。

ギャンブルと犯罪行動の関係性

ギャンブル自体は、少なくともそれが完全に合法化されている国々においては犯罪活動とは見なされていません。一方、ギャンブルという習慣を続けることが、人々を犯罪に導くことがあります。

失業者の場合はさらに問題は複雑化します。窃盗や強盗で賭け金を集めるようになります。そうなると、ギャンブラー、その家族、そして彼らを取り巻く社会全体が苦しむことになります。

幸い、ギャンブル関係企業の社員は、衝動的なギャンブラーを検知するよう訓練されており、対象者には心理学の専門家に助けてもらうよう促します。

ギャンブルはお金がかかる

衝動的ギャンブラーの人生唯一の目的は、十分な賭け金を得ることです。それはどんな少額でも構わないのです。犯罪はそれを解決する方法の1つですが、彼らが選ぶ最も一般的な道は借金です。

しかしながら、借金を返済できなくなると、家族関係は悪化し、友人もいなくなります。銀行から借金した場合は、財産が差し押さえられるなど、状況は深刻化します。

最悪なのは、ありえないほど高い利息でサラ金に借金をすることです。さらに酷いことに、彼らの取り立て手段は生半可なものではありません。

chips

ギャンブラーの健康状態が悪化

財産を失い始めたギャンブラーはストレスを抱えるようになり、心身の健康が著しく悪化します。衝動的なギャンブルにはよく、深酒や薬物乱用など、別の悪習が伴います。

一度鬱になると、周りの人々も苦しみ始めます。病気や発作が起きる度、家族が病院や心理クリニックに同行するようなります。そして医療費の負担にも苦しめられます。

自殺のリスク

ギャンブルの副作用で最悪なのは、おそらく自殺率の増加でしょう。特に欧米諸国を含む多くの国で、メンタルヘルスが深刻な問題となっているなか、自殺はどの社会でもデリケートなトピックです。

ギャンブラーは、破産すると絶望的になり、橋や高層ビルに登るなど、理性のない行動を取りがちです。そのような自殺願望を抱いているので、周りの人間はリソース(医療関係者、警察、カウンセリングなど)を活用して対応する必要があります。

ギャンブルが社会生活に及ぼす悪影響については、先に述べた通りです。しかし、ギャンブルの闇に陥る人はごくわずかで、ほとんどの人が責任を持ってギャンブルをしています。彼らはきちんと税金を払い、賭ける度に国の経済に貢献しているのです。